鍵の緊急トラブル 安否確認

鍵の緊急依頼は鍵屋にとってよくある依頼です。その中でも何が起こるかわからないのが安否確認の際の鍵開け依頼でしょう。
安否確認の依頼の際は様々な確認をする必要があります。なぜなら全くの他人が泥棒目的に依頼してくる可能性があるからです。
安否確認は住居人の家族・娘・親戚の人が、住居人と最近連絡が取れないので鍵を開けてほしいといった場合や、近所の方や管理人の方があの部屋の人を見なくなったという場合もあります。または会社の人がいつも通りに出勤してこない、警察のほうからの依頼もあります。安否確認の際は、必ず管理会社立ち合いのもとに鍵開けを行うことになります。また鍵を開けた際に残念ながら住居人が亡くなられているケースもありますし、体調を崩して倒れていた、夜逃げをしていたなど現場の状況は様々です。
鍵屋の仕事はトラブルを解決出来た際などやり甲斐のある作業ではありますが、安否確認など鍵を開けることが出来ても残念な結果であるととてもツライ仕事であると感じます。
頑丈な鍵が付いている場合はこうした緊急の仕事の際に、とても時間がかかる事があります。防犯性が必要な社会・治安となってきた社会ではありますので、防犯性能が高い鍵が増えることは良いことなのですが、出来る事であれば地域の目・地域の輪を用いて安心・安全な社会を実現し、こういった緊急事態の際もいち早く察知していけるようになれば良いですね。