車の鍵を閉じ込めてしまった

車やバイクの鍵を閉じ込める、インロック・インキーとも呼ばれる鍵のトラブルですが、意外とよく鍵屋に問い合わせが来る内容です。
トランクから買い物の荷物を降ろしている時に鍵をトランクの中に置いたままバタンと閉じてしまったり、子供をあやすのに手いっぱいでうっかり荷物と鍵を中に置いたままドアを閉めてしまった、バイクのシートを降ろしてしまったといったうっかりのトラブルが多く、そういった時はスペアキーを使用したり近くの鍵屋に頼み開けてもらえばいいのです。がしかし、まだ余裕があるトラブルとは違い、緊急性を伴う鍵の閉じ込めトラブルが発生する事もあります。例えば、夏場に鍵を閉じ込めた際に車内にペットや子供・赤ちゃんがいる場合、もし24時間出張を行う鍵屋やロードサービスに依頼したとしてもやはり移動時間がかかり、たとえ早く到着しても鍵を開けるには多少の時間がかかります。その間に車内の温度は高まり、ペットや赤ちゃんが脱水症状で危険な状態になることもあります。また、エンジンがかかったままであれば、車を発進させてしまう可能性もあります。そういった時はレスキューに連絡するか、危険でない場所のガラスを割るなどの行動も必要となるでしょう。