鍵の緊急トラブル 安否確認

鍵の緊急依頼は鍵屋にとってよくある依頼です。その中でも何が起こるかわからないのが安否確認の際の鍵開け依頼でしょう。
安否確認の依頼の際は様々な確認をする必要があります。なぜなら全くの他人が泥棒目的に依頼してくる可能性があるからです。
安否確認は住居人の家族・娘・親戚の人が、住居人と最近連絡が取れないので鍵を開けてほしいといった場合や、近所の方や管理人の方があの部屋の人を見なくなったという場合もあります。または会社の人がいつも通りに出勤してこない、警察のほうからの依頼もあります。安否確認の際は、必ず管理会社立ち合いのもとに鍵開けを行うことになります。また鍵を開けた際に残念ながら住居人が亡くなられているケースもありますし、体調を崩して倒れていた、夜逃げをしていたなど現場の状況は様々です。
鍵屋の仕事はトラブルを解決出来た際などやり甲斐のある作業ではありますが、安否確認など鍵を開けることが出来ても残念な結果であるととてもツライ仕事であると感じます。
頑丈な鍵が付いている場合はこうした緊急の仕事の際に、とても時間がかかる事があります。防犯性が必要な社会・治安となってきた社会ではありますので、防犯性能が高い鍵が増えることは良いことなのですが、出来る事であれば地域の目・地域の輪を用いて安心・安全な社会を実現し、こういった緊急事態の際もいち早く察知していけるようになれば良いですね。

続きを読む

鍵を交換する時は親身な鍵屋へ

鍵を交換する時は親身になってくれる鍵屋を探すことが必要です。なぜなら、防犯性・防犯性と言っても、何も住宅の鍵に銀行が使うような頑丈な鍵を使う必要もなければ、会社で使うようなハイセキュリティー機能も必要ありません。それにも関わらず、ただ高い鍵を勧めてくる業者がいるからです。
またこちら側の意見をそのまま聞いて、注文された鍵をただ交換する鍵の業者もいますが、こちらは言わば鍵の素人です。的確なアドバイスと知識を披露し、人それぞれの使い方にあった鍵を選び抜いてくれるような鍵屋が一番良いでしょう。例えば古めの戸建て住宅には、装飾錠とも呼ばれるサムラッチ式の鍵が多くあります。これはドアを引く際につまみの部分を押し下げて開ける必要があり、見た目には豪華な装飾で良いのですが、小さなお子様には使いづらいものです。見た目は豪華ですが引く際にあまり力が無くても開けやすい装飾錠や、いっそレバーハンドル錠にかえてしまうといった方法もありますので、家族構成や使いやすさの点でも良いアドバイスをくれる鍵屋に鍵交換をお願いしましょう。多くのエリアを出張するタイプと、近場で店舗を構えるものと、鍵屋を斡旋する業者にわかれます。斡旋業者は第3者機関とも呼び、料金を上乗せしている可能性もあります。まずは電話をかけてみて、それぞれの無料サービスなどを検討しながら、良い鍵屋を選びましょう。

続きを読む

トイレの鍵が壊れて閉じ込められた

トイレのドアノブ・鍵が壊れかかっているかを今すぐに確認したほうが良いでしょう。なぜなら、トイレの閉じ込めトラブルは結構発生している事なのです。
トイレの鍵やお風呂場の鍵、または部屋の鍵など見てすぐにわかると思いますが、玄関と比べると簡易的に作られています。何なら衝撃を加えたり、強く押せば鍵が開いてしまうものもあります。こうした簡易的な作りの物は使われている素材も玄関ほど頑丈ではなく、また玄関よりも使用頻度の高いトイレの鍵・部屋の鍵は劣化する速さも違います。こうしたことから年数がたった鍵や、使い方がいつも荒い場合は、突然開かなくなるというトラブルに見舞われる可能性があります。住宅メーカーや個人で頑丈な鍵を選んで取り付けている場合はあまり心配することは無いのですが、今壊れかかっているトイレ錠・室内錠はコストで選ばずに頑丈さを優先して交換すると良いです。
また閉じ込められたタイミングが、不幸にも家族が出かけた時で何時間もトイレの中で過ごす事になった方もいます。もしそれが一人暮らしで窓も無いトイレであったなら、いつもの時間に出社しない会社が不審に思い連絡してくれるか、約束をしていた友人が何かしら対応してくれるかなどを期待するしかありません。鍵を開ける希望が無い場合は思い切ってドアを破壊するぐらいの対応は必要でしょう。

続きを読む

車の鍵を閉じ込めてしまった

車やバイクの鍵を閉じ込める、インロック・インキーとも呼ばれる鍵のトラブルですが、意外とよく鍵屋に問い合わせが来る内容です。
トランクから買い物の荷物を降ろしている時に鍵をトランクの中に置いたままバタンと閉じてしまったり、子供をあやすのに手いっぱいでうっかり荷物と鍵を中に置いたままドアを閉めてしまった、バイクのシートを降ろしてしまったといったうっかりのトラブルが多く、そういった時はスペアキーを使用したり近くの鍵屋に頼み開けてもらえばいいのです。がしかし、まだ余裕があるトラブルとは違い、緊急性を伴う鍵の閉じ込めトラブルが発生する事もあります。例えば、夏場に鍵を閉じ込めた際に車内にペットや子供・赤ちゃんがいる場合、もし24時間出張を行う鍵屋やロードサービスに依頼したとしてもやはり移動時間がかかり、たとえ早く到着しても鍵を開けるには多少の時間がかかります。その間に車内の温度は高まり、ペットや赤ちゃんが脱水症状で危険な状態になることもあります。また、エンジンがかかったままであれば、車を発進させてしまう可能性もあります。そういった時はレスキューに連絡するか、危険でない場所のガラスを割るなどの行動も必要となるでしょう。

続きを読む